第7回 「われわれ」とは誰なのですか

「『空気』が支配する国」だった日本の病状がさらに進み、いまや誰もが「気配」を率先して察することで自縛・自爆する時代に? 「事のまずさを感知しない『空気』」を悪用して突き進む政治家たちと、そのメッセージを先取りした「気配」に身をゆだねることに違和感を覚えなくなってしまった私たち。「日本の心情」を“なんとなく”稼働させてしまう「気配」の危うさをめぐる、『紋切型社会』の著者・武田砂鉄さんによるフィールドワーク、その第7回は、98%の人が「よかった」と答えたオバマ大統領の広島演説に対する違和感から、「We」を「自分たち」にすり替えてしまえる「私たち」の問題について考える。

つ づ き を 読 む