scrap book スクラップとは、断片、かけら、そして新聞や雑誌の切り抜きのこと。われらが植草甚一さんも、自分の好きなものを集めて、膨大なスクラップ・ブックを作っていた。ここでは、著者の連載から、対談、編集者の雑文など、本になる前の、言葉の数々をスクラップしていこうと思います。(編集部)

第4回 海外パック旅行で見えてくるもの 前編

定年になったら二人でいろんな海外を廻りたい。

50才を過ぎた夫婦の多くが考える第二の人生の楽しみのひとつです。いまある海外パック旅行は個人で旅をするよりも相当の割安で、熟練の添乗員がついている。適度なフリータイムが組み込まれているものもありよく考えられています。通常の時期であれば、だいたい1ヶ月くらい前までは何の違約金も支払わずにキャンセルもできるのも嬉しいところ。二人でスーツケースを抱え、ガイドブックを片手に慣れない海外で迷いながら個人で旅をするよりも、面倒なことはすべてプロに任せ、憧れの海外の名所で二人笑顔で記念写真に入るのはいい思い出になるものです。

特におすすめしたいのは、多少の自由時間などがあったとしても、大部分の行程がツアーで決められているお任せ系のパック旅行です。

そして、可能であれば定年を待ってなどと言わずに、会社に頼んで休みをもらい今直ぐにでも出かけることをおすすめしたいくらいです。自分がいないと会社が廻らないなどと考えるのはやめましょう。95%以上の現場はあなたがいなくても何とかなるもの。大丈夫ですから休みを取って欲しいのです。

それが50才前後、40代の後半の夫婦であれば、ことさら素晴らしい経験になると思います。

常日頃は忙しく、ゆっくりできない二人での数日間の海外旅行。どんな感じの旅行になるか、考えて頂きたいです。例えば5泊7日の時間。いろいろの雑事や他の家族や人間関係から開放されたことは、ほとんど無いままに時間を過ごして来ているのではないでしょうか。ですから、この旅の時間は、すごく新鮮な時間になること請け合いです。

若い間に二人のツーショット写真を撮っておくのもいいことですし、海外旅行は行くまでも、それから行った後も何回も思い出すことができて楽しいもの。

あなたの人生が90才まであるとして、70才で旅した場所は20年間、その思い出を楽しむことができる。それが、50才なら40年間も心はいつでも旅した場所に跳ぶことができるのです。テレビで尋ねた場所が放送される度に、心はその時のことが蘇るのです。

行き先は、あまり細かくこだわらなくていいのです。何しろ日程と予算で制約されるから、無理のない範囲で決めていくと、それほど選択肢もないはず。そして、そんな適当な決め方で旅はいいものなのです。なぜなら、修学旅行や新婚旅行、友人や家族で出かけた旅行であったとしても、その思い出は観光名所を訪ねたことにあることは少なくありませんか。家族や大切な人と同じ時間を共有したという笑顔の記憶が旅行のメインディッシュのはずなのです

私は旅好きで世界各国旅行して来ました。もう70カ国以上です。旅の本も何冊も出しました。それらもパック旅行で出かけることが多いのです。旅していると面白いのは、旅の途中から参加者の多くから観光の興味が薄れていくこと。スイス旅行のハイライト氷河特急や、ローレライでおなじみのドイツのライン川下り。多くの人がその時間に憧れて何十万円というお金を払って旅行に参加しているはずなのですが、車窓からのスイスアルプスの絶景も、川岸に見えてくる古城にも目をくれずひたすら笑顔でおしゃべりに興じています。そして、旅の最後には、旅の始めにはまったくの見ず知らずの人だった人たちと一緒に記念写真を撮るようになる。そういう少し不思議な光景を毎回見ます。

海外パック旅行は、少ないもので15名くらい、多いと40名近い参加者がいます。同じツアーに申込んでいると言うことは、参加者の誰もがそのツアーの費用を払うだけの経済力を持った人たち。年齢も社会的な立場も違いますし、夫婦、家族、友人、ひとりと参加の形態も違うのですが、経済力だけは大きく違うわけではないのです。そんな見ず知らずの人たちと、何日間も同じ行動をとることになる。考えてみるととても不思議な時間なのです。

例えば、ヨーロッパやアメリカのツアーの大部分は6泊8日。朝の8時過ぎから、毎日12時間。バスに乗り、観光名所にいき、食事をする。他人だったはずなのに3日目くらいから朝食会場での挨拶も始まります。また、旅をしていくうちに、参加者の人がらや考え方、共にいる人との関係、いろんなものが透けて見えてくるもの。なぜなら、多くの人が社会人としての最低限のマナーは守りながらも、旅の終りにはまた他人に戻ることを知っているので、ほぼ無防備で旅をしているからです。その関係に余計なしがらみはない。ですから、いろんなことが透けるのです。

例えば、35名いるツアーであれば、少なくとも12~3組の夫婦がいます。旅行中に、他の夫婦の関係にいろんなことを見ると思うのです。そして、自分の人生と照らし合わせて、ああだ、こうだと思うことも、20年後の自分はいったいどうなっているだろうと、年上の参加者を見ながら考えるでしょう。

旅の中ごろからは、仲良くなった人と会話が弾みます。家族、仕事のこと、悩みや心配ごとを打ち明ける人も少なくありません。反対に無理やり話しかけて来て、ひたすら自慢話に終始する人もいます。人を見下したり、足蹴にする人にも、寂しい人生を送っている人や、暖かい気持ちで生きている人にも出会うでしょう。

旅の始めにはまっさらだったから見えてくる人間模様に触れることで、多くのことを知るのです。

40代から50代の人たちに参加してもらいたいと思う理由は、旅を楽しみながら、そこに、これからの人生で、ああ、こうしよう、これは辞めておこうというヒントがパック旅行には満載だからなのです。こういうことはできるだけ早めに経験しておく方がいい。だから、休みを取ってでも旅行をして欲しいのです。

多くの人が旅の終りを笑顔で終えていることを見ると、おそらく多くの参加者が旅の最後に「案外、自分の人生はいいものなのだ」と確認しているようです。私も思っています。旅の終りの空港で、これから他人になる人たちと挨拶を交しながら思うのです。幸せな人生を歩めるかどうかは、大部分が自分自身の問題なのだ…と。

 

ところで、定年を迎えた方には、迎える直前の夫婦には、とても大切な別の側面からも海外パック旅行をして頂きたいのです。それは、次回にお話ししたいと思います。