scrap book スクラップとは、断片、かけら、そして新聞や雑誌の切り抜きのこと。われらが植草甚一さんも、自分の好きなものを集めて、膨大なスクラップ・ブックを作っていた。ここでは、著者の連載から、対談、編集者の雑文など、本になる前の、言葉の数々をスクラップしていこうと思います。(編集部)
モヤモヤの日々

第108回 祝日がない月

浜の真砂は尽きるとも世にモヤモヤの種は尽きまじ。日々の暮らしで生まれるモヤモヤを見つめる夕刊コラム。平日17時、毎日更新。

この連載もそろそろネタがなくなってきたのではないかと思うかもしれないが、そんなことはない。自分のスケジュールのすべてが記載され、仮に乗っ取られでもしたらもはや何をどうすればいいのか途方に暮れるしかないほど重宝しているGoogleカレンダーを開いて僕は驚いた。昨日から6月だったのである。もう2021年の半分が終わろうとしている。何というモヤモヤだろうか。

考えてみれば、今まで土日や祝日が関係のある仕事に就いたことがなかった。しかし、「平日、毎日17時公開」のこの連載を開始してからは、社会人になってはじめて曜日の感覚が生活に定着した。僕の人生にとって、とても大きな変化である。だが、月数の感覚はそうではなかったようで、僕は昨日の原稿を、5月に書いているつもりで執筆していたのだった。

さて、そんなことよりも大切なモヤモヤがある。僕の大好きなGoogleカレンダーをチェックしてみたところ、なんと6月には祝日がないのだ。こんなことがあっていいのだろうか。ただでさえ日本人は働きすぎなのだと聞く。雨が多いじめじめした季節なのだし、1年の折り返し地点の月なのだから疲労が溜まっている人も多いはずだ。もちろん僕もそのひとりである。

この連載にとっても、祝日は貴重なひと休憩になる。しかし、今月は祝日がない。だからといって、僕独自の祝日をつくるわけにはいかないから、もうこれは諦めるしかないのだろう。

もしも僕が偉くなったら、6月に祝日をつくることをお約束したい。絶対そんなことはあり得ないと思うけど、この場を借りて一応表明だけはしておく。何かの間違いで僕が偉くなどなってしまったならば、きっと祝日どころの話ではなくなるだろうが。毎日が日曜、というか曜日の感覚を失わないでいられるのかどうかすら怪しい限りである。そんな人が偉くなったとき、いよいよこの国も黄昏を迎える。

 

Back Number

    美術史家。ニューヨーク大学で西洋美術史を学んだのち、京都大学大学院人間・環境学研究科博士課程修了。現在、東京大学経済学研究科特任研究員。ルネサンス期における芸術家のイメージと、その社会的・政治的背景を研究。ルネサンス以降の芸術家像も研究対象。著書に『ジョルジョ・ヴァザーリと美術家の顕彰』。壺屋めり名義で刊行された『ルネサンスの世渡り術』も好評発売中。