第2回 「賢夫人」という生き方 前編

真珠夫人、感傷夫人に黄昏夫人……明治以来、数多く発表されてきた「夫人小説」。はたして「夫人」とは誰のことか? そして私たちにとって「夫人」とは? 夫人像から浮かび上がる近代日本の姿!

作品名:「家庭教育 賢夫人」(『教育小説 未来之軍人〈もののふ〉』所収)はるの舎〈や〉主人 1895(明治28)年

さて、夫人と名のつく小説「夫人小説」を時代順に並べる、などと意気込んではみたもののどの作品を端緒とするかという問題がすでに悩ましい。

いくつかの文学年表をひもといてみると、どうやら武田仰天子『竹夫人 鐵如意』(志がらみ草紙、明治24年)が最初のようだが、「竹夫人」とは夏用の竹製の抱き枕のことであり、夫人と名がつくとはいえさすがにこれを「夫人小説」に入れるわけにはいくまい。

国会図書館サーチ(NDL-OPAC)で検索すると所蔵作品中最古のものは「はるの舎主人」の「家庭教育賢夫人」と出る(評伝や翻訳作品、詩歌は除く)。はるの舎主人、つまり坪内逍遥である。

逍遥といえば小説家であり翻訳家であり劇作家であり、東京専門学校(現・早稲田大学)で教鞭をとった教育者でもある。日本初の小説論といわれる『小説神髄』とその実作『当世書生気質』が書かれたのは本作の10年前、そして6年前に発表した『細君』を最後に小説については断筆を決心している。では、なにゆえその後に小説を、しかも専門ではない「家庭教育」や「賢夫人」についてものしたのか、という謎はしばし置いておいてまずは内容をざっと紹介しておこう。

「土一升金一升」と謳われる一等地日本橋の大邸宅に住む、財産家の夫とその妻で子爵の出である春子(この人が「賢夫人」)、娘の文子の三人家族がこの物語の主役である。四つの小話で構成され、第一回で4歳だった文子が第四回では小学生に成長し、それぞれの年頃に向けた母の教育が示される。例えば4歳の文子が針で障子に穴を開けるいたずらをしたときは「嬢や、おまえ針をおもちゃにすると手々いたいいたいするよ」と声をかけるのみ。怪我をしたところで初めて優しく諌めるが、ふと障子の穴が直列であることに気がつき「是れぞ即ち幾何の観念の芽出しー工夫力の卵!」と天啓を得る。そして錐を渡し、紙に四角や三角を穿たせて「ソラ四角お箱のようなものができましたよ」「何に似ているだろうねえ……富士のお山かね」と励ましながら工作の授業に突入していくのである。危険を察知しても過度に干渉せず、子どもにあえて体験させて自主性を養い、あまつさえそこから新たな勉強に繋げるなんて方法は、現代でも十分理想の子育てとされるだろう。また「第四回恵みの露」では、学校から帰宅した文子に今日習った「修身の格言と事実」を報告させ、事前に丸をつけて選んでおいた新聞記事を読ませるなど、春子の隙のない教育ママぶりには思わず、よっ、完璧主義のセレブママ! と126年先から声をかけたいくらいである。なにしろ新聞を読んだ文子令嬢、貧乏車夫の話にいたく心を動かされて小遣いを新聞社付けで送ることまで決意するのだ。小学生にしてノブレス・オブリージュ(持てる者の義務)の実践者とは、この母にしてこの子あり。

とはいうものの、乳母も下女もいるようなお金持ちの奥様が優雅に子どもを教化する話を読まされても鼻白まないでもない……などと思いながら「緒言」を読むと、逍遥は「(引用者注:子供にとって)家庭教育の良否〈よしあし〉は大いに学校教育に影響〈さしひびき〉するものなれり」との信念を胸に、日々忙しい親たちに読みやすいよう小説体に書き下したとおっしゃる。つまり、この本は小説というより世の夫人たちへの啓蒙書なのである。どうりでつまら……いや、教科書的だったわけだ。では、逍遥がなぜこんな啓蒙書に手を出したのか。

その謎を解くカギは明治28年という出版時期にある。

日清戦争に勝ったこの頃は、欧化主義の反動による国粋化の時代で、いわゆる良妻賢母教育まっただ中である。本のタイトルにもあるように『未来之軍人』として国家の財産である子どもの教育を家庭の中から徹底せよ、それは家事や育児を取り仕切る母(夫人)の領分であるという思想が逍遥をして執筆に駆り立てたと思われる。とはいえ、教育勅語を「経文」化して唱える式のものであってはならないという信念もあった。実は逍遥、本作発行の約1ヵ月前に早稲田中学校創立時の教頭職に推挙されている。これにあたり、中学校や小学校に足を運び、大量の国内外の倫理本に目を通したといい、本作にある「泰西大家の理説」、「彼〈か〉の英国に名も高きスペンサー翁が著しし如く」といった文言もそれを裏付ける。スペンサー翁とはイギリスの社会学者で哲学者ハーバート・スペンサーのこと。現代ではほとんど読まれなくなったが、明治10〜20年代には『教育論』『社会組織論』などの著作が50以上も翻訳されて「スペンサーの時代」と呼ばれるほどの一大ブームを築いた。その教育論は、子供を叩いたり脅したりしていうことを聞かせる強制的方法ではなく、愛情と信頼を軸に道徳的感情と共感力を育てて支配すべし、というもの。まさに「家庭教育 賢夫人」そのもので、取材と資料から導きだされたひとつの成果が本作だったと思われるのだ。

とはいえ、そんな理想的な家庭教育、それ以前に理想的な生活をしていた人が世間にどれほどいたかといえば心もとない。そもそも春子は子爵の出だが、爵位のある家つまり華族は明治28年当時、人口の0.01%(『華族青年会雑誌』)でしかなかった。ほぼ雲の上の人と言ってもいい。また春子は「某貴婦人学校」を出、娘の文子も後に女学校を出ているが(実は明治28年に文子は結婚したというオチが最後に付け加えられている。つまり4歳の頃の話は明治15年前後なのだ)、文子と年齢的に近い与謝野晶子は小学校ではなく漢学塾(私塾)に行った後、女学校の技芸科(家政学)に通っている。明治15年の女子小学生の就学率は30%程度(『学制百年史』)、大半の子は家業の手伝いをしたり針仕事で賃金を得たり工場勤め、女中奉公に出たりしていたのだ。そう考えると、本書「家庭教育 賢夫人」がいかに限られた人々に向けられていたかがわかるというもの。

しかし、これより7〜8年後となると様相が変わってくる。そんな時代の「賢夫人」小説2篇を、後編ではご紹介しよう。


※本作品は国会図書館サーチ(NDL-OPAC)の書誌情報には「著者標目 坪内,逍遥」とあるものの、『坪内逍遥選集』(第一書房、昭和53年)、『坪内逍遥事典』(平凡社、昭和61年)、瀧田貞治『逍遥書誌』(国書刊行会、昭和51年)などに記載がない。時期的、内容的に間違いないと考えるが、識者のご教示を待ちたい。
〈参考文献〉
『近代日本文学大系25 日本小説年表附総目録』(国民図書)
高野辰之 本間久雄編『新訂 日本文学年表 日本文学全史 巻十五』(東京堂)
宗像和重 山本芳明編『編年体 大正文学全集1912-1926 別巻 大正文学年表・年鑑』(ゆまに書房)
『総覧シリーズ 明治・大正・昭和文学作品総覧 ―作者・書名・作品索引―』(教育出版センター)
小田切進編『日本近代文学年表』(小学館)
『編年体文学史 文学明治100年 編年体文学史(国文学六月臨時増刊号)』(学燈社)

 

兵庫県生まれ、東京育ち。文筆家、デザイナー、挿話蒐集家。著書『明治大正昭和 不良少女伝 莫連女と少女ギャング団』(河出書房新社)、『20世紀破天荒セレブ ありえないほど楽しい女の人生カタログ』(国書刊行会)。2011年から翌年にかけて『純粋個人雑誌 趣味と実益』刊行。唄のユニット2525稼業主宰。2021年1月31日に『戦前尖端語辞典』(左右社)を出版。
twitter