第11回 消費される夫人 前編

真珠夫人、感傷夫人に黄昏夫人……明治以来、数多く発表されてきた「夫人小説」。はたして「夫人」とは誰のことか? そして私たちにとって「夫人」とは? 夫人像から浮かび上がる近代日本の姿!

作品名:『夫人と運転手心中するまで:小説』徳田春風 1917(大正6)年
『伯爵夫人:千葉情話』青木緑園 1917(大正6)年

今回は、小説そのものよりも元凶となった実際の事件とその反応におもに焦点を当てていきたい。

本連載は、第1回でも謳ったとおり「「夫人小説」に現れた夫人(女性)、世相、風俗描写を通して読者に求められ、受け入れられてきた近現代日本の夫人像の変遷」を辿るというものなので、本邦の夫人史(そんなものがあるとして)に大きな爪痕を残したこの椿事を扱わないわけにはいかない。

まず、あらましから見ていこう。

それが起こったのは1917(大正6)年3月7日18時55分のこと。

省線(国鉄)千葉駅発本千葉駅行き列車が県立女子師範学校(現千葉市中央区富士見1-11)横を進行中、線路脇で抱き合って蹲っていた男女が立ち上がり、上着を脱ぎ捨てて飛び込んだ。

ふたりともはね飛ばされたが、顔面を強打して血まみれの女性に対し男性は軽傷のようで、すぐさま女性に駆け寄った。

驚いた機関士が汽車を停めると、男性は女性の耳元で「あなた一人殺しはしません、私も必ず死にます」などと叫んでいたが、人が集まって騒ぎになったため土手に行き、持っていた短刀で首を突いて自死した。

女性は病院に搬送され、左頭部に重症を負いながらも死は免れた。

ふたりは、伯爵家の娘、芳川鎌子※(27)とお抱え運転手の倉持陸助(24)。

陸助は独身だったが、鎌子には夫の寛治と4歳の娘があった。

事件の詳細をすっぱ抜いたのは大阪朝日新聞で、都新聞が「千葉県の心中 東京の男女らし」(3月8日付)などと報じるなか、翌朝にはいち早く二人の素性と写真を大きく掲げ、その関係性や前日の行動を詳報した。

高貴な家柄の女性と雇い人の心中事件はただでさえスキャンダラスだが、大朝に出し抜かれたことで他のマスコミにも火が点き報道合戦が加熱、「千葉心中」という呼称までついて一大センセーションを巻き起こした。

流行語が生まれ(「鎌子式」「鎌子病」「鎌子コンプレックス」「運転手になるのだっけ」「運転手にご注意」など)、小説が書かれ(『伯爵夫人 恋の仇夢』『伯爵夫人 後の仇夢』『小説 生別死別』など)、芝居になり(『千葉心中』『長澤兼子』など)、映画になり(『玉子夫人』)、流行歌ができ(『千葉心中』『伯爵夫人 千葉情死』など)、講談(『千葉情話 浜子夫人』)や浪花節(『鉄道情死 千葉心中」)になり、そのうち浄瑠璃ができるだろうと嘲罵された。
また、平塚らいてう、与謝野晶子、近松秋江、山川菊栄、下田歌子、矢島楫子など、さまざまな知識人が是非論を展開した。

というのも、この件には勘案すべき点が多々あったためだ。

芳川鎌子は1891(明治24)年に芳川顕正伯爵の四女として生まれ、学習院女学部時代には「非常な高襟〈ハイカラ〉の跳ねっ返り」だったが、父の一番のお気に入りで甘やかされて育ったという。

学習院卒業後に曾根荒助子爵の次男寛治を婿に取り、四女の身ながら家督を継いだ。

これは六人兄弟中男子二名が早世し、長女と次女は縁付いたあとに出戻っていたためである。

運転手の倉持陸助は1894(明治27)年に栃木県佐野市に生まれ、中学を退学していくつか職を変えた後に三井物産株式会社に入り、自動車の運転免許を取得して運転手となった。

同じく三井物産に勤務する鎌子の夫の寛治の運転担当となった関係で、事件の前年に芳川家で自動車を購入してからはお抱え運転手として邸内に住み込んでいた。

鎌子の父、顕正は1842(天保12)年生まれ、阿波国(現徳島県)の藩士から官僚となり、山懸有朋の右腕として司法、文部、内務、逓信大臣を歴任し、東京府知事、枢密院副議長を務めた大物。

1896(明治29)年に子爵に、1900(明治40)年には伯爵に叙された、いわゆる新華族である。

また、長女以外すべて正妻の子どもではなくそれぞれ別で、そのうえ元芸者の妾を囲うなど女性関係が乱れていた。

鎌子の夫の寛治は1882(明治15)年生まれで鎌子の9歳上、三井物産に勤務していたが、これまた遊び人で花柳界に入り浸るほか妾宅も持っていた。

事件の後には、鎌子の姉(芳川家次女)とも通じているという噂がまことしやかに囁かれた。

華族にありがちな爛れた環境だったといえる。

出戻り娘の姉二人は本来であれば再婚してしかるべきだが(とくに長女は惣領として婿をとるのが自然である)、独身のまま実家にいる点から、父が娘たちに強く言えなかったことが透けて見える。

なぜか四女の鎌子が跡取りをすること、その鎌子は権妻(妾)の子どもで、長女は正妻の子どもであることを考えると、家のなかで密かな権力争いがあったことも想像に難くない。

次女が鎌子の夫の寛治と通じていたのも家督を狙ってのことだったのではという邪推も働く。

さらに言えば、寛治の実家は子爵であり、伯爵である芳川家のなかでなんとなく軽んじられていたという話もある。

どの角度から見ても家庭内はバランスを欠いていた。

鎌子は、買い物に行く際に車を出させたり、上野精養軒での食事に付き合わせたりと陸助と何かと行動を共にしていた。

事件の4日前の3月3日、姉たちはふたりの関係が怪しいと言い立て、陸助を解雇し、鎌子を軟禁状態に置いた。

寛治は入婿の立場で強く言えず、ますます外で憂さ晴らしをする悪循環に陥っていた。

それから心中に至るまでに何があったかは不明である。

ただ、ふたりが午前0時に邸を抜け出して千葉町に向かい、陸助の親戚が営む宿屋で紹介された旅館で一晩を過ごし、翌朝また親戚の宿屋に引き返したことはわかっている。

そこで朝食を摂った後に巻紙、絵葉書、封筒、硯箱を取り寄せて何事かをしたため、午後三時に出発、死に場所をさがして数時間彷徨って線路に行き着いたと考えられた。

マスコミは当事者に話を聞けないため周辺情報を探ったが、芳川家は前警保局長の岡喜七郎をスポークスマンに立てて対抗、ふたりの遺書は小使い(雑用係)が破棄したと言ったり(その後、12日付都新聞に遺書らしきものが出たが「やったやった 倉持はやった、三面記事をよごしてくれ」など真贋のわからないものだった)、鎌子退院の際にも囮の車を出してマスコミとカーチェイスを繰り広げるなどしたため、芳川家の対応が高慢だと世間のさらなる反感を買った。

退院後の鎌子は姉の家や別邸に身を隠したが、板塀に「姦婦鎌子ここにあり」と書かれるなど、行く先々で嫌がらせに遭った。

結局、寛治とは離婚したが、養子の寛治が芳川家を継ぎ実子の鎌子が分家することになった。

父は事件の一週間後に枢密院副議長の座を辞して隠遁、それでも可愛い娘を突き放すのに忍びなく、寛治に妹と思って面倒をみてくれと頼んだという。

事件のおおまかな説明をするだけで一回分に達してしまったが、複雑な事情が絡み合っていることがおわかりいただけたかと思う。

実はこの後も成り行きが二転三転するのだが、ひとまず経緯を追うのはここまでとする。

次回はこの事件に関する著名人の見解から、当時の受け止めや考え方を探っていこうと考える。

※戸籍上は「鎌」だが、報道などに倣ってここでは「鎌子」とした。

 


 

〈おもな参考文献〉
無記名「千葉県の心中 東京の男女らし」(『都新聞』大正6年3月8日)
菅野聡美『消費される恋愛論 大正知識人と性』(青弓社、平成13年)
千田稔『明治・大正・昭和 華族事件録』(新潮文庫、平成18年)
長谷川時雨『近代美人伝(上)』(岩波文庫、平成13年)
杉本苑子「伯爵夫人の肖像」(『杉本苑子全集 第12巻』(中央公論社、平成10年)
秋山清『秋山清著作集 第7巻 自由おんな論争』(ぱる出版、平成18年)
朝日新聞社編『朝日新聞100年の記事に見る恋愛と結婚〔明治〕〔大正〕』(朝日文庫、平成9年)
西沢爽『日本近代歌謡史(下)』(おうふう、平成元年)
末國善己『夜の日本史』(辰巳出版、平成26年)
岩井良衛『女藝者の時代』(青蛙房、昭和49年)
菅原孝雄『狭間に立つ近代文学者たち』(沖積社、平成12年)
村上信彦『大正女性史(上)市民生活』(理論社、昭和57年)
城北童子「情死した鎌子夫人」(帝京社『東京』1(4)、大正6年)

 

兵庫県生まれ、東京育ち。文筆家、デザイナー、挿話蒐集家。著書『20世紀破天荒セレブ――ありえないほど楽しい女の人生カタログ』(国書刊行会)、『明治大正昭和 不良少女伝――莫蓮女と少女ギャング団』(河出書房新社)、近刊に『戦前尖端語辞典』(左右社)、『問題の女 本荘幽蘭伝』(平凡社)。2022年3月に『明治大正昭和 不良少女伝』がちくま文庫となる。唄のユニット「2525稼業」所属。
Twitter

第10回 「バニチー」に焦がれる夫人 後編

真珠夫人、感傷夫人に黄昏夫人……明治以来、数多く発表されてきた「夫人小説」。はたして「夫人」とは誰のことか? そして私たちにとって「夫人」とは? 夫人像から浮かび上がる近代日本の姿!

作品名:『伯爵夫人』田口掬汀 1905(明治38)~1910(明治43)年

田口掬汀『伯爵夫人』をはじめ、明治30年代に流行した家庭小説には、愛か家か、または愛か金か、の煩悶がよく見られる。

家庭小説の代表といわれる尾崎紅葉『金色夜叉』をはじめ、菊池幽芳『己が罪』『乳姉妹〈ちきょうだい〉』、徳富蘆花『不如帰〈ほととぎす〉』、小杉天外『新夫人』も、上昇婚(玉の輿、身分違い)、障害(義親族やライバルによる嫌がらせ、勘違い、すれ違いなど)、愛の勝利(犠牲という勝利も含む)のパターンに則っている。

そして登場する夫人たちは身体的、精神的に脆弱で、運命に翻弄されながら悩み悶え、薄氷を踏む思いで毎日をおくっている。

こんなにも紋切り型に陥るには理由がなければならぬ。

一体これらの物語はどこからやってきたのか、考えられる要因を三つほど挙げてみたい。

ひとつの大きな要素は、当たり前のようだが当時の社会環境にある。

浅井清は家庭小説について「明治期の新教育制度の普及の成果として新しい読者層が形成されたこと、資本主義体制の確立による表面的な経済的安定下での平凡で貧しい家庭生活の営為、また日清戦争後のナショナリズムの昂揚や自我の解放の気運とはうらはらな実生活での自我の閉塞状態など」を背景に「個人的モラルの模索とその苦悩の反映」として生まれたと、端的に説明している(「付章2 大衆文学の〈近代〉と〈現代〉」)。

「平凡で貧しい家庭生活」をおくる「新しい読者層」とはどんな人々かというと、『伯爵夫人』が連載されていた「万朝報」で言えば、学生、知識人、職工、車夫、商人、奉公人などである(山本武利「明治三十年代前半の新聞読者層」)。

とくにブルーワーカーが多いのが特徴だが、その理由は1部1銭(「東京朝日新聞」は2銭、「報知新聞」は1.5銭)という破格の安値だったこと、華族や財閥、官僚の暴露記事を掲載して強きを挫く「勇肌」の新聞として徹底的に庶民に受ける記事作りをしていたためだ。

モットーは「眼無王侯 手有斧鍼(王侯といえど容赦せず、手に悪を打擲する鉞〈まさかり〉あり)」。

また、社主の黒岩周六はアイディアマンで、それまでなかった五目並べの棋譜や大相撲を記事にしたり、涙香の名で『巌窟王』『鉄仮面』『噫無情〈ああむじょう〉』などの翻案小説を連載、著名な思想家の内村鑑三、幸徳秋水、堺利彦らを入社させて論考も充実させた。

おかげで、明治30年代前半には東京一の推定発行部数5万部を誇り、34年頃には販路を拡充して地方の知識人(教員、学生、官吏など)をも取り込んだ。

一時、日露戦争前夜に非戦論から開戦論に転向したことで内村、幸徳、堺らが抜けて勢いを落としたが、それでも「報知新聞」、「国民新聞」に次ぐ三番手としてその座を保っていた。

「都下のみにても上は紳士紳商と称せらるるものより下は車夫馬丁の類に至るまで、多少の文字あるものにして殆ど之を読まざるものなし」(「中央公論」明治34年6月号)という「万朝報」の読者たちは、まさに大衆の代表として名望家の畜妾(妾を持つこと)に憤り、小説のなかの夫人の身の上に同情することで、日々の鬱憤を晴らしていたのだ。

二つめに指摘したいのは、この頃、日本史上類を見ない世紀の「玉の輿」婚が実際に誕生していたことである。

アメリカの大富豪ジョージ・デニソン・モルガン(アメリカ五大財閥のひとつ「モルガン財閥」の創始者であるJ・P・モルガンの甥)に見初められた祇園の芸妓雪香が落籍されて「モルガンお雪」となったのは明治37年1月20日、「伯爵夫人」連載の約1年3カ月前のこと。

当時のモルガンを現代の富豪に例えることは難しいが、まごうことなき世界的億万長者である。

しかも、芸者が妾になるのは当時ではよくある話だったが、お雪は堂々の正妻であることも人々の度肝を抜いた。

落籍(芸者が抱え主に負っている負債や身代金を代わりに支払って籍を抜かせること)の際の金額も常識外で、新橋の超一流の芸者を大臣や富豪がひくときでも7、8千円だった時代に、お雪は4万円(今の金額で8億円)だった。

彼女自身は結婚に乗り気ではなく断られたくて金額を吹っ掛けたともいわれるが、結果的に言い値が通ってしまったことで、メディアはこぞって「日本のシンデレラ」「4万円芸者」と書き立てた。

実はお雪、アメリカに渡っても排日の憂目に遭って帰化が許されなかったり、夫が早世したことで夫の親族と財産権で争ったりと外から見るより苦労も多かったのだが、とにもかくにも、一夜にしてアメリカの大富豪の奥様になるということを目の当たりにした庶民が心を揺るがされないわけがない。

「わたしだって何かの偶然が重なって、アメリカの大富豪とまではいかなくても伯爵や政治家の奥様に収まるかもしれない」と新聞読者が夢見たとして、誰が責められようか。

まさに夢物語が現実味を帯びたのが、明治37、8年という時代だったのである。

三つめに、当時の日本の文壇の特異な風潮がある。

上昇婚、妨害、愛の勝利の雛形をつくったとも言える、初期の家庭小説、尾崎紅葉『金色夜叉』(明治30~35年「読売新聞」)を例に見てみよう。

『金色夜叉』の藍本はよく知られているようにバーサ・M・クレー(Bertha M.Clay)の『Weaker than a Woman(女より弱きもの)』(1880年代。初出年不明)である。

作者のバーサ・M・クレーとはイギリス人女性作家シャーロット・メアリー・ブレイム(Charlotte Mary Brame)のhouse name(人気作家にのみ与えられる名前)で、実際には複数の人物が名乗っていたという。

そのため、バーサ名義の作品は1500以上にのぼり、どれがシャーロットが書いたものか今ではわからない。

これらはcheap editionsとよばれ、小型廉価本のペーパーバックとして出版され、ニューヨークの出版社ビードル社のものには「ダイム・ノヴェル(Dime Novels)」(10セント小説)というシリーズ名が付いていた。

この本のおもなターゲットは、少年、兵士、船員、旅行者、主婦、女工などで、それまでの単行本の10分の1の値段とすることで小説を娯楽として大量消費する層を生み出した。

安価な本は海を渡って日本にもやってくる。

連載小説というプレッシャーを抱えていた日本の作家たちはダイム・ノヴェルに飛びつき、これらを下敷きに独自の物語を紡ぐ「翻案」という方法を用いた(判明しているだけでも菊池幽芳『乳姉妹』『己が罪』や尾崎紅葉『不言不語』、黒岩涙香『妾の罪』ほか4作品などがある)。

その際、元ネタがあることを明記しないことも多く、登場人物を日本名としたり、作家の目的と好みに沿って大きく書き換えられたりした。

例えば『金色夜叉』の場合、許嫁の貫一との婚約を破棄して財産家と結婚する女主人公の宮は、そのことを貫一から責められて「私が悪いのだから堪忍して下さい」と泣いて許しを求める。

しかし、バーサの作品のなかではヒロインのヴァイオレットが恋人フィリックスに「きみは僕を見捨てる、なぜなら僕が充分な財産をもっていないからだね?」と聞かれて肯定し、「私はお金とぜいたくが好きだし,豪華なものを愛するの」と言い切る。

金銭的には自立していないが、少なくとも自分の意志を伝えることができる程度には成熟した女性として描かれている。

また、菊池幽芳『己が罪』では、原作『谷間の姫百合(Dora Thorne)』にはない「女の道」「家庭」「愛情」といった文言が盛り込まれている。

これは、健全な社会のための健全な家庭を小説によって啓蒙するという「家庭小説」の責務を思えば不思議はないが、女性である原作者と男性である翻案著者の女性観の違いという気がしてならない。

女性の社会的地位にしても、人々の自我にしてもアメリカに比してずいぶん立ち遅れていたということがよくわかる。

それにしても、アメリカでは1860年代(日本の明治初年頃)にすでにダイム・ノヴェルが誕生し、数十万部の本が印刷され、流通、販売、消費されていたのだから、驚くしかない。

日本で同じように数十万部単位の単行本が売れるようになったのは昭和5年の「円本」ブーム(改造社が始めた、一冊一円、全巻予約制、月一冊配本の全集の総称)まで待たなければならない。

女性作家が大ヒット作を生み出し、工場などで働く女性たちが片手間に読書するアメリカと、男性作家が文壇のほとんどを占めて「夫人たるもの、夫たるもの」といった訓示まがいの新聞小説をものして悦に入り、それに涙する善男善女の日本、こう単純化してみると知的レベルの圧倒的な差に愕然とする。

国会図書館所蔵の田口掬汀『伯爵夫人 終編』の最終ページで、主人公の伯爵夫人延代は、夫の非嫡出子アルマンの手を取り誓う。

何うなっても関〈かま〉わない、死ぬも生きるも此子と一緒だ。延代は心の中で斯う叫んだ。

この最後の一行に、本の前の所有者の男性は線を引き、力強く「美!」と書き込んでいる。

掬汀は自然主義文学にあてこするように「考えさせる小説が必要だと云う者がある。成程夫も必要には違いないが考えねば解らぬものでは読者が迷惑だ。又作家にしても人に迷惑させてまで無理に読ますべき権利はない。人生は苦痛の世界だの悲哀の陳列場だのと云うけれど、無間断に眉を顰め、年中渋い顔のみして居られるものでない」(明治42年7月17日付『大阪毎日新聞』)として娯楽小説を擁護するが、ジェットコースターに身を任せているだけの人間を少し離れてみると、やはりどことなく間抜けに見えるのである。

 


 

〈おもな参考文献〉
関肇『新聞小説の時代――メディア・読者・メロドラマ』(新曜社、平成19年)
金子明雄「戦う家庭小説『女夫波』――田口掬汀」(『国文学 解釈と教材の研究』42(12)學燈社、平成9年)
浜田雄介「大衆文学の近代」(『岩波講座 日本文学史 13巻』岩波書店、平成8年)
森英一『明治三十年代文学の研究』(桜楓社、昭和63年)
秋田県総務部秘書広報課編『秋田の先覚――近代秋田をつちかった人びと 第3』(秋田県、昭和45年)
浅井清「付章2 大衆文学の〈近代〉と〈現代〉」(三好行雄編『近代日本文学史』有斐閣双書、昭和50年)
山口ヨシ子『ダイムノヴェルのアメリカ――大衆小説の文化史』(彩流社、平成25年)
進藤鈴子『アメリカ大衆小説の誕生』(彩流社、平成13年)
山本武利「明治三十年代前半の新聞読者層」(日本マス・コミュニケーション学会『新聞学評論 16(0)』昭和43年)
内川芳美『新聞史話――生態と興亡』(社会思想社、昭和42年)
金子明雄「明治30年代の読者と小説――「社会小説」論争とその後」(『東京大学新聞研究所紀要』(41)平成2年)
木村毅『ふぐ提灯――随筆集』(文章倶楽部社、昭和27年)
堀啓子「明治期の翻訳・翻案における米国廉価版小説の影響」(日本出版学会『出版研究』(38)、平成19年)
鬼頭七美「書き換えられた「女の道」――『谷間の姫百合』から『己が罪』へ」(日本女子大学『日本女子大学大学院文学研究科紀要』(17)平成23年)
中野記偉「『金色夜叉』の比較文学的一考察――バーサ・クレーに関連して」(上智大学英文学科・英語学科『英文学と英語学=English literature and language』(24)、昭和62年)
松井洋子「バーサ・クレー作品の日本大衆小説,家庭小説における受容について――黒岩涙香の『妾の罪』再考」(日本大学国際関係学部『国際関係学部研究年報(第23集)』平成15年)

 

兵庫県生まれ、東京育ち。文筆家、デザイナー、挿話蒐集家。著書『20世紀破天荒セレブ――ありえないほど楽しい女の人生カタログ』(国書刊行会)、『明治大正昭和 不良少女伝――莫蓮女と少女ギャング団』(河出書房新社)、近刊に『戦前尖端語辞典』(左右社)、『問題の女 本荘幽蘭伝』(平凡社)。2022年3月に『明治大正昭和 不良少女伝』がちくま文庫となる。唄のユニット「2525稼業」所属。
Twitter