第4回 秋は実りと収穫の季節

今年1月に刊行された『老北京の胡同――開発と喪失、ささやかな抵抗の記録』は、朝日新聞、週刊文春、信濃毎日新聞、聖教新聞など、各紙誌で大きく取り上げられている。

多田さんの15年間の取材と観察の集大成であるが、本書収録の写真(多田さんのお連れ合いの張さん撮影)も、胡同の魅力と大きな変化を伝えてくれる。張さん自身も胡同育ち。胡同とそこで暮らす人々を特別の思いとあたたかいまなざしで写し取っている。今回は、紙幅の都合で載せられなかったさまざま写真をご紹介する。

④方盛园胡同  

第4回 秋は実りと収穫の季節

大都市にいると、つい実感が薄れがちになることだけれど、胡同の住民たちの胸には意外としっかりと刻まれている。

なぜなら胡同では、カボチャ、トウガラシ、カキ、ザクロ、ブドウ、ナツメなどが常連で、その熟れ具合の観察は秋の密かな楽しみだからだ。

ある日、隣人のおじさん、AさんとBさんが家の屋根の上にいた。

Bさんの家のカボチャのつるが、壁を越えて他の家に伸びて行ってしまったので、必死で引っ張り戻しているという。

つい、人の都合に左右されるカボチャが気の毒になるとともに、思いだすのは、今はもう消えてしまった方盛園胡同の、自由奔放なカボチャたち。

あの実は、何家族で分け合ったのだろうか。