モヤモヤの日々

第69回 キャズム超え

浜の真砂は尽きるとも世にモヤモヤの種は尽きまじ。日々の暮らしで生まれるモヤモヤを見つめる夕刊コラム。平日17時、毎日更新。

僕には日常で見たものや感じたことを概念化し、独自の言語をつくり出す癖がある。それらについていちいち例を並べたりはしないが、これはやはりライターの職業病であり、なにか気になるものがあれば、それをひとことで言い表す言葉がないかを探してしまうのは、一種の業のようなものだ。当然、「モヤモヤ」も、その営みのひとつだと言うことができる。

だが、そう簡単にはいかず、目の前の現象や感情に注意を払い、考えに考え抜いても適切な言葉が出てこないことがある。そういう言語化できない、語り得ない言葉がある限り、僕はこの仕事をやり続けるのだろうとも思う。それで、つい昨日のこの連載で書いたコラムのなかに、言語化できないモヤモヤがあるのを発見してしまった。僕は昨日、クラウド上で原稿を書いたり、共有したり、編集者からコメントをもらったり、修正したりすることに、どうしても身体的な抵抗があると書いた。これはつまり、「MacBook ProのOSでMicrosoft Word for Macを使いタイピングしたWordファイルをメールやメッセンジャーで送信する行為は、身体的に馴染んでいる」ということでもある。デジタル盛り沢山なのに、アナログな行為と感じているのが面白い。

実は、僕の中ではこの「身体感覚」のモヤモヤを言語化するのが、最も難易度が高いのだ。うまく伝わりやすい(かもしれない)ものとしては、僕と妻が「キャズム超え」と呼んでいる現象がある。「キャズム」とは、ジェフリー・ムーアが提唱している主にハイテク分野におけるマーケティング理論に出てくる言葉で、ざっくり説明すると、(1)新しいものをすぐ取り入れるイノベーター、(2)それらの動向を見て初期段階で取り入れるアーリーアダプターの次に、(3)前のふたつの層に追従するアーリーマジョリティという購買層があり、(3)に届いてこそ製品やサービスは普及段階に入ったといえる。しかし、(2)と(3)の間には「深い溝(キャズム)」があり、それを超えてブレイクするには高いハードルがある、といった内容だ。

僕と妻は、美容室に行く決断をする瞬間の身体感覚のことを「キャズム超え」と呼んでいる。髪の毛が伸びてきたなと思う。でも、まだ切らなくても平気だと思う。また少し髪が伸びてきたなと思う。もうちょっと切らなくても大丈夫かなと思う……を繰り返し、ある瞬間、突然、「キャズム超え」はやってくる。「キャズム超え」をする前と後で、髪の長さがすごく変わったわけではない。「キャズム超え」する0.1秒前までは「切らないで大丈夫」と思っていたのだから当然だ。にもかかわらず、唐突に「キャズム超え」はやってきて、「すぐ美容室に行かなければならない!」となる。「伸びた髪を切りたい」という感情が堰を切ったように溢れ出す。もしかしたら1万分の1ミリくらい伸びたのかもしれない。その僅かな感覚の差で「キャズム超え」し、ブレイクする。

どうだろうか。伝わっただろうか。これが伝わらないと話が進まないので、とりあえず伝わったことにさせてもらうと、つまり、クラウドでは身体感覚が得られないが、MacBook Pro、Microsoft Word for Mac、メッセンジャーといったデジタルてんこ盛りの原稿執筆、提出方法にはアナログな身体感覚を感じている僕の状態に、なにか新しい独自の言語はつくれないものか、ということだ。「時代についていけなくなった中年」とかではなく、もっと適切な言葉があるように思う。

ちなみに、僕がクラウド共有が苦手なのは、「自分の原稿」という気がしないからである。自分の原稿なのに「所有」していない感じが嫌なのだ。デジタル化は許容しても、クラウド化を拒否し、所有にこだわる身体感覚。これは意外とアクチュアルな問題だと思うのだが、このままではただの「時代についていけなくなった、所有欲のある中年」になってしまうので、早く言葉をつくらねばならない。どなたか立派な人がこの連載を読んでいたなら、ぜひ考えていただきたい。

 

宮崎智之1982年生まれ、東京都出身。フリーライター。著書『モヤモヤするあの人 常識と非常識のあいだ』(幻冬舎文庫)、共著『吉田健一ふたたび』(冨山房インターナショナル)など。2020年12月には、新刊『平熱のまま、この世界に熱狂したい「弱さ」を受け入れる日常革命』(幻冬舎)を出版。犬が大好き。
Twitter: @miyazakid