モヤモヤの日々

第30回 インタビュー(2)

浜の真砂は尽きるとも世にモヤモヤの種は尽きまじ。日々の暮らしで生まれるモヤモヤを見つめる夕刊コラム。平日17時、毎日更新。

なんだかんだ言って、文章を書いてお金をもらうようになってから15年以上が経つ。これまで何度、インタビュー取材してきたのか、正確に数えることはもはや不可能だ。最初は用意した質問を投げかけるので精一杯だったものの、場数を踏んでいくうちに少しずつ周りが見えるようになってきた。

事前の下調べや質問の仕方、リラックスさせる話術など、個人の努力はもちろん大切である。しかし、最も重要なのは、当日の場の雰囲気づくりだと思っている。そのためにするべきもことはたくさんあるが、取材する側、つまり編集者、ライター、カメラマンのチームワークがうまく機能している時には、いいインタビューになることが多い。特に連載の場合は、同じチームで動くので尚更である。

まず、カメラマンが取材場所の光の具合や部屋のレイアウトなどをチェックする。場合によっては、部屋のレイアウトを変えることもあるので、その際は指示通りに机や椅子、インテリアを移動する。各々が座る位置も確認する。名刺を交換し、丁寧に挨拶した後は、編集者が企画の概要を説明して、ライターがインタビューを開始する。カメラマンがインタビューカットを撮影するのは、だいたい前半だ。ライターは、相手をリラックスさせることを心がけながらも、聞くべき部分はしっかり聞き、また用意していた質問だけにとらわれず、盛り上がりそうな話があれば臨機応変にアドリブで質問の流れに変化をつける。編集者が気になる部分を聞いたり、逸れた話を戻してくれたりもする。

当然、インタビューの性質や相手によっても変わってくるし、ここで書いたのはごく一部のことに過ぎない。ようは個の能力も重要ではあるけど、チームとしてどのように機能し、どのようにその場の雰囲気をつくっていくか。そうした部分に目がいくようになってからは、少しはマシなインタビューができるようになってきた気がする、ということだ。最近では、新型コロナウィルスの感染防止のためリモートで取材することが増えたので、新たなチームワークの構築方法を考える必要がある。

さて、そんな僕も本を出すようになってからは、生意気にも自分がインタビューされる側になることがある。それにより、インタビューをする側だった時には気づかなかった発見も得られるようになった。

先日、とある取材を受けた。新刊についてのインタビューである。換気のいい貸し会議室で十分に感染対策を行い、密を避けるため先方はインタビューアーとカメラマンの二人、こちらは著者の僕一人という最低人数で実施された。インタビューをする側のみだった頃、少しだけ不思議に思っていたことがある。カメラマンはインタビューカットを撮影し、終了後にバストアップや、場所を移動してメインになるようなカットを撮影するケースが多いのだが、それまでの間、どのようなことを考えながら待っているのだろう、というものである。ライターは基本的に取材相手の対面に座り、取材相手の言動に注意を傾けているので、そこまでは目が届かないのだ。取材相手に質問をするカメラマンもいることはいるのだけれど、そういうタイプは少なく、離れた場所で座って待つ人が多い。

ところがその日は、最低人数で行われたこともあり、インタビューをされながらカメラマンの姿をじっくり見ることができた。その人は、新刊に書いたアルコール依存症や離婚のエピソードを僕が話している時には、それはもう慈悲に溢れた目をして深く共感するように頷き、僕が冗談を言っている時には、感染防止のためか声こそ出さないものの、心から面白がっている様子で笑顔を見せてくれた。

重要! カメラマンがインタビューカットを撮った後に話を聞きながらリアクションしてくれること、すごく重要! 今までまったく気づかなかったけど、ただインタビューが終わるのを待っているだけではなく、カメラマンはそれこそチームのため、自分の仕事がない時間も活躍してくれていたのだ。

やっぱりインタビューは奥深い。カメラマンのリアクションによって話しやすさがこうも変わってくるとは。そういえば、ラジオでもパーソナリティの語りの間に聞こえてくる放送作家やディレクターの笑い声あるのとないのとでは、番組の雰囲気が違ってくる。これまで15年以上もインタビューをしてきたと偉そうに思っていたが、まだまだ僕が気づいていない重要な点はたくさんありそうである。

 

宮崎智之1982年生まれ、東京都出身。フリーライター。著書『モヤモヤするあの人 常識と非常識のあいだ』(幻冬舎文庫)、共著『吉田健一ふたたび』(冨山房インターナショナル)など。2020年12月には、新刊『平熱のまま、この世界に熱狂したい「弱さ」を受け入れる日常革命』(幻冬舎)を出版。犬が大好き。
Twitter: @miyazakid